トップメッセージ

トップメッセージ
株主・投資家情報 経営方針 社長メッセージ
当社代表取締役社長兼CEO 澄岡和憲のメッセージをご紹介します。

当社は創業以来の事業である「コンテンツ事業」に経営資源を集中し、当該事業の更なる成長と利益還元の強化により企業価値の向上を目指してまいります。

これまで、当社は「コンテンツ事業」において、時代や技術の変化に合わせて常に新しい事業にチャレンジしてまいりました。
エンターテインメントコンテンツのみならず、教育コンテンツにも力を入れてきたことが一つの特徴です。
今後も新しいチャレンジを継続していくことが重要と捉えております。

事業環境に目を向けますと、いまや生活に欠かせないツールとなったと言っても過言ではないスマートフォンには新しいサービスの提供が相次ぎ、結果としてお客様の時間を奪い合う競争が激化しております。
また、IT技術の進化や人気サービスのトレンドの変化スピードは一段と速くなっていることに加えて、ビジネスモデルそのものもめまぐるしく変わっており、より柔軟で迅速な対応が求められています。

近年、当社では「スマートフォン向けデジタルコンテンツ」を事業の柱としておりましたが、更なる成長を目指し、様々なプラットフォーム及びジャンルに「コンテンツ」を提供することで新しい可能性を生み出してまいりました。
具体的には「ゲーム」、「漫画」、「アニメ」、「書籍」、「リアル商品」、「ライセンス」などです。

特に力を入れている「ゲーム」ではスマートフォン向けゲームにおいて、当社グループの株式会社SoWhatの開発により、サンエックス株式会社の人気キャラクター達が各々の世界観を超えて初めて勢ぞろいする「すみすみ」を2018年2月にリリースし、300万ダウンロードを突破するなど、おかげさまで人気を博しています。また、当社の人気ゲームシリーズ「メダロット」の最新作を初のスマートフォン向けゲームにて開発を進めております。
一方、パッケージゲームソフトでは、Nintendo Switch向けタイトルとして2018年の年末から2019年初頭にかけて「Fit Boxing」を世界同時期に販売し、全世界累計出荷販売本数は30万本を超え、ご購入いただいたお客様より高評価をいただいております。

今後も「コンテンツ事業」としての「ビジネス領域の拡大」を更に進めつつ、それぞれのコンテンツビジネス間のシナジーを生み出し、活用することで「ヒットコンテンツ」を創出してまいります。

更には、日本のみならず中国をはじめとしたアジア地域を中心に国境を越えてコンテンツを提供することで「地理的な拡大」を進めます。加えて「取扱いコンテンツの拡大」を目指し、ビジネスパートナーの有力コンテンツ及び当社のオリジナルコンテンツを充実させることで「ヒットコンテンツ」創出を支えてまいります。

また、株主の皆様への利益還元におきましては、株主の皆様の日頃のご支援に感謝し、当期も年間1株あたり配当金25円の継続を予定しています。

引き続き、全社一丸となって企業価値の更なる向上に取り組んでまいります。 今後とも格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。


その他IR情報