コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
  当社は、企業価値の最大化を図るため、全てのステークホルダーとの「共創」による価値の創造に「誠実」に取り組むことを経営スタンスとしております。また、その実現に向けて、経営の透明性、健全性を高めることが重要であると考え、諸施策に取り組んでおります。
コーポレート・ガバナンス体制の概要
  当社のコーポレート・ガバナンスの体制の概要は、次のとおりです。

コーポレート・ガバナンス体制
画像を拡大して表示
  当社は、経営を監督する仕組を確保する目的で監査等委員会設置会社を採用しています。取締役(監査等委員である取締役を除く。)は4名(うち社外取締役1名)、監査等委員である3名(すべて社外取締役)であります。独立性の高い社外取締役によって、経営のモニタリング機能の強化を図っております。
氏名 監査等委員 独立委員 選任の理由
社外取締役
小宮山  宏
   小宮山宏氏を社外取締役とした理由につきましては、東京大学第28代総長として改革に取り組まれた大学経営における豊富な経験に加え、化学工業、地球環境及び資源・エネルギーなどの幅広い分野での高度な専門的知識を有しておりますので、当社の経営に対して大所高所からの指導・助言を行うことができ、併せて独立した客観的な視点から経営の監督を行うことができると判断しております。
社外取締役
荒竹  純一
   荒竹純一氏は、弁護士登録をされて以来、法廷弁護士として裁判所での弁護活動を一方で、企業法務の分野にも注力し、なかでも企業のコーポレート・ガバナンス、コンプライアンス、CSRのあり方について精通し、多くのクライアント企業に対してアドバイスを行ってきてます。こうした経験と見識を持つ同氏は、当社取締役の職務執行を監督する立場にある社外取締役に適任であると判断しております。
社外取締役
田中  最代治
   田中最代治氏は、これまでの豊かな経験を活かして株式会社田中経営研究所を設立し、さまざまな経営者に対して助言を傍ら、関係する多数の企業の役員も務めております。同氏は、長年にわたる会社経営より得られた経験及び経営に関する幅広い知見を有しております。こうした経験と見識を持つ同氏は、当社取締役の職務執行を監督する立場にある社外取締役に適任であると判断しております。
社外取締役
大上  二三雄
大上二三雄氏は、企業戦略、企業変革コンサルティング、アウトソーシング、ベンチャー投資及び戦略的提携等の経験を活かしエム・アイ・コンサルティンググループ株式会社を創業し、代表取締役として、コンサルティング、事業開発、ベンチャー企業投資・育成に取り組まれました。こうした経験から経営に関する豊富な知識を有しており、当社取締役の職務執行を独立した客観的な視点から監督する立場の社外取締役に適任であると判断しております。
  取締役会は、毎月開催し、必要に応じて臨時開催を行っております。業務執行に関する意思決定機関として、経営の基本計画、法令で定められた事項、その他重要な取締役会付議事項につき決定するとともに、代表取締役をはじめ各取締役の業務執行を行っております。
  なお、当社では、経営機構の一層の強化並びに意思決定及び業務執行の迅速化を目的として、執行役員制度を導入しており、経営環境の変化への対応を目的として取締役の任期を1年としております。
  会計監査人につきましては東陽監査法人を選任し、会計監査を受けております。また、法的な問題につきましては顧問弁護士に相談し、適宜助言を受けております。
コーポレート・ガバナンス報告書
 コーポレート・ガバナンスに関する報告書(1.43MB)
コーポレート・ガバナンス体制
画像を閉じる